menu

ホームページのサーバを変更すると検索順位が下がるってホント?

2018年3月20日
wplabmie

運用中のWordPressサイトでエラーが多発することでお悩みの企業様から調査依頼がありました。その打ち合わせの中で場合によってはレンタルサーバの引っ越し(変更)を提案したいと申し出たのですが、お客様から「サーバを変更すると検索順位が下がるという噂を聞いたことがあるので心配だ」という返答が返ってきました。

ほんとうにレンタルサーバを変更すると検索順位が下がるなどの検索エンジン対策(SEO)に影響があるのか気になったので調べてみました。結論を先に行ってしまうと・・・影響がある場合もある。でも過剰な心配は無用。という結果でございました。

では、その理由を解説して参りましょう!

検索順位を下げないサーバの移転方法

今回のケース前提

・ドメイン(サイトのURL)の変更はない

・サイトのリニューアルは伴わない

・サーバのスペックはほぼ同じ

今回のサーバの変更は上記のケースを前提に進めさせていただきますね。

GoogleのURLの変更を伴わないサイト移転というページにGoogle検索の掲載結果への影響を最小限に抑える方法について説明があります。

参考元URL

https://support.google.com/webmasters/answer/6033388?ref_topic=6033383

https://support.google.com/webmasters/answer/34437

これらのページの説明によると検索順位を下げずに移転するために以下を挙げています。

次からはこれらの作業についてポイントを簡単に説明します。

サイトの一部を移転してテストする

1のサイトの一部を移転してテストする。という点については検索順位云々を抜いてもサーバを変更する時点で必須な作業ですね。可能であれば全部テストしてからサーバ移転したいところですね。特にWordPressなどのシステムを利用している場合は、サーバを変更することでエラーが発生する可能性があります。(特にメンテナンスしてないWordPressサイト)

「大多数は大丈夫なんでしょ?」と思われているようですが、サーバによって設定が異なります。そのためWordやExcelのデータをマイドキュメントからUSBメモリに移動するのと同じ感覚でのサイト移動は絶対駄目ですよ!!

「今どきはプラグインを使えば簡単にババーンと簡単に移転できちゃうんですよ!」なんて言っている業者さんがいるとしたら、その腕を疑った方が良いかもしれません・・・。

移転作業はサイトへのアクセスが少ない時間にする

URLを変更しないとはいえドメイン名のネームサーバを変更するので、変更した情報が反映されるまで時間がかかります。

ネームサーバを変更するという作業は、人間の引っ越し作業に伴う住所変更に似ています。苗字も名前も変更はないのですが住んでいる場所が変わる場合、郵便局等に転居届を出しますよね?転居届を出してもしばらくは、古い住所に送られてから転送されるので郵便物の到着が遅れるケースもままあります。次第に新しい住所が浸透し遅延はなくなりますよね。それと同じです。

サーバの場合は、人間の引っ越しよりもずっと浸透が早いのですがそれでも影響はゼロではありません。そのため、ネームサーバの変更による影響を最低限にするために深夜などサイトへのアクセスが少ない時間を進めているのです。

移転中はサイトのランキングが一時的に変動することを想定する

ネームサーバの移転による影響が一番大きいと思われますが、サイトのランキングが一時的に良い方にも悪い方にも変動することを想定しておくべきです。多少は変動して当たり前なので、会社にとって大きなキャンペーンがあるなど、アクセス状況を正確に監視したい時期のサーバ移転は避けるべきです。

すべて新しいサーバからのアクセスであることを確認してから移転前のサーバを解約する

サーチコンソールのデータ等から古いサイトへのアクセスがなくなったことを確認してから移転前のサーバを解約・データ削除します。経験則としては一部サーバは古いデータをキャッシュとしてため込むケースがあるようで、サイトのデータを更新しても、あるエリアのあるネットサービスを利用している家庭では新しい情報がみれない!というケースがありました。

通常は1週間も経過すれば問題ないはずですが、絶対ではありませんので念のためトラフィックを監視してからの解約がベターです。

新しいサーバのスペックが落ちる場合は順位も下がる可能性も!

ここまでの説明でサーバを移転するだけの場合、検索順位に影響が出るとしても一時的なもので大きな影響がでる可能性はありません。

ただし、新しいサーバのスペックが低くなる場合は順位が下がるケースも想定できます。サーバの移転によりデータの表示速度が遅くなる場合は、検索順位が下がる原因になります。ライバルサイトの状況や狙っているキーワードなどによって影響が違ってくるので一概には言えないのですが、安いのであれば安いだけの理由があります。

値段が安いというだけでサーバの移転を決めてしまうと大切なお客様を逃してしまう結果となる可能性もありますので注意が必要です。

まとめ

 

サーバの移転を検討する場合でも、なぜ移転するのか?という目的をはっきりさせることが大切ですね。安さにつられて契約したらサーバ攻撃にあった!とか、サーバのハード面での仕様が古くて新しい機能を使えないと言われた!とか、無料SSLが使えるとこに移転したい!とか何らかの目的があるはずです。

サーバの移転だけで検索順位が下がるかもしれない!と好条件のサーバを知ったにも関わらず恐れを抱いて移転をやめてしまうのはもったいないことです。しかし、安易な移転も禁物であることは頭に置いておいてくださいね。